精神科研修

2021年07月18日16:45粗相
 単科の精神科病院だと当然と言うべきか、当院でも精神科の医師が圧倒的に多く、あと神経内科の医師がちらほらいる程度です。しかし入院している患者さんはたくさんいますから、精神症状以外の訴えも多岐に及びます。お腹が痛い、足が痛い、ここに皮疹ができた、痒い、転倒した、などなど。そう訴えられると必要なのは総合診療的な身体の基本的な診察能力です。3年目といってももう1人当直もしますから急変時の対応も必須です。DNARの方が多いとは言え、ABCの管理はできなくてはいけません。現状は内科疾患を誰かに相談できる環境ではないので非常に困っています。おじいちゃんドクター達に相談しても特にアドバイスはなく、経験的に対応してるみたいですね。仕方なく他院に紹介しようとすると、そんなことで紹介すんなと言われますし、じゃあ痛みを訴えてるこの患者はどうするんだよー(`Д´)。アンダートリアージよりオーバートリアージの方がいいでしょうが。私自身も他人に頼っていないで総合診療的な診察能力をもった精神科医を目指すべきでしょう。ただ私の近くにはそのようなロールモデルとなる精神科医はいません。そこで今の勤務先と交渉しまして、週1回総合病院へ内科の研修に行かせてもらうことになりました。専門医プログラムというのはよく調べましたら週4日32時間以上勤務していないと研修としてみなされないようで、逆に言えば週5日週40時間働いてなくてもいいんですね。よかったー、私みたいないたいけな研修医上がりの医者がここにどっぷり浸かるのは心と身体にあまりよくありません。

 総合病院では総合内科で週1回、朝のカンファから参加し、病棟回診や外来見学と結構自由に勉強させてもらっています。定時上がりが当たり前になっているような私も珍しく意欲を駆り立てられまして、先日、事前にカルテチェックして予習しておこうと夜間に総合病院への侵入を試みたんです。何の前知識もないままカンファに出てもよく分かりませんしね。ただその病院、敷地は広いし建物もバカでかくてですね、暑いからか、おっさんだからか、敷地内を歩くだけで疲れます。ところが…、夜間はセキュリティ万全でどこの入り口も鍵かかってました(当たり前か)。テンキーがあるので番号入力すれば解錠できそうですが、暗証番号知りません汗。こりゃしまったなと思って病院の建物を半周ほどしたその頃からです、突如下腹部痛が襲ってきたのは。ん?こんなときにまさかのう○こ?いやいやさっきまでやったらいつでも行けたやん?なんでなんで?と自分自身に怒り心頭になりますが排便信号の強度は増すばかり。困ったなぁ(>_<)そういえばさっきからおしっこも我慢してたんですよ。もうすぐ病院に着くからいいやと。しかし体内の色んな警告が発令される中、焦れば焦るほど建物の入り口も見つけられず、本丸の建物を見捨てて別の建物に行っても空いておらず。夜だし誰も歩いてもいません。人間って心理的にだいぶ左右されるんですね。例えばあと100メートル先にトイレがあることを知っていたとしましょう。そうすると人間はそこまで行けば出せるからと自分に言い聞かせてそこまではなんとか心理的に排便痛を我慢できるんですよ、たぶん。しかし知らない場所で、トイレがどこにあるかも想像もできないとき、つまり数分以内に安心して排便できるという見通しが立てられないとき、絶望感により便意は我慢の限界点を超えてしまうんですね。あのときは絶望と言う言葉がぴったりでした。その辺はもうあまり記憶がないのですが、ああ、自分は今からここで果ててしまうんだなと。結局近くの手頃な草むらの中で野糞しましたよ泣 あーあ、こんなこと何十年ぶりかなぁ、いや記憶にないわ。さっさと立ち去りたいところでしたがその後も暗闇の中で私はしばらく放心状態でした。次はこんな失敗はしたくないので検証しときたいのですが、今回の敗因は何だったんでしょうか。車で道路を走っていればコンビニもあるし、昼間だったらお店も開いてます。でも夜に、セキュリティの高いよく知らない病院という広い敷地に迷い込んだのが運の尽きでしたかね。今回の場合は被害者はわたくしおっさんで、特にもう恥も外聞もあまりないのでまだ良かったのですが、外聞を気にする教授であるとか、若いぴちぴちギャルであるとか、そういった人種の方々であったらこのような時どう対処したのでしょうか。高尚な教授が野糞してるシーンなど想像すらできないのですが…。

 本日後半は医学にすらまったく関係ないお話で失礼致しました。



2021年06月01日01:00闇病み子

 本日(5/31AM11:00)は関連の施設で日直です。

 それにしても良い天気です。暑くもなく寒くもなく花粉もなく、今が1年で1番良い季節じゃないでしょうか。こんなに良い天気だと活動性の低下したおっさんの私もことあるたびに病院の屋上に出て、遠い景色を眺めながらよくある医療ドラマの俳優になったような気分に浸っています笑 ↓屋上からの写真です。

B67DFC13-A215-4A23-8ECD-F9359301BE43

 え?日直の仕事中なのにブログ書いてるのかって?

 そうです。この業界には寝当直という言葉がありますがその日直版です。1日で多くても23回電話がかかってくるかどうかです。といってもこんな良い天気の真っ昼間にばっちり目の覚めた状態で寝ることもできませんから、当直室という個室に閉じ込められて外出することもできずぼっちでこうやってブログを書いたりネットサーフィンしながら過ごしています(さみしい…)。

 

 日直をすると精神科の闇が見えてきます。

 まずナースがやばいです。はっきり言って医者もですが苦笑。

 基本的な医学知識がありません。おそらく脈拍のことを「プルスが〜」と言い出すし、不整脈の既往はあるか聞きましたら突然橈骨動脈を触り出して、「ありません」と答えるし(そんなんで分かるかいな)、「虚血性心不全の既往はなさそうです」とか、そういったもはやコントと言えるものには枚挙にいとまがなく、いちいち腹が立ちます。

 そもそもコンサルでかかってくる電話の主旨もよく分からなくて、「○○さんの件ですが、昨日からこんな様子で〜ご飯はあんまり食べれてなくて〜でも本人は食べたくないわけでもないみたいで〜、血圧は〜、プルスは〜…」と延々と続きますので仕方がないので「んで、ご用件は?」と遮って聞きましても「いや朝ごはんは食べさせていいのかなと思いまして…」などと仰います。じゃあ「食べされられないのではないかと思った根拠は何でしょうか?」を聞いても口をつぐみます。「今回のことに限らず、用件も分からない状態でそんなに長く矢継ぎ早に話されても私も分かりませんから先に聞きたい用件を言ってから状況を教えてもらえますか?そうするとそういう観点で状況を聞きますから。」と言ってみましたが、通じないですね。先生、私はこんなに一生懸命状況を伝えてるんですよぉ?と言わんばかりでしたね。

 こんなんで他の先生はどうしてるのか・・・、適当にあしらってるみたいですね。終末期だからでしょうかね。発熱があれば解熱剤、ちょっとひどそうであれば抗生剤を適当に、って感じです。熱源検索とかありませんからね、ホントびっくりです。てか、エコー当てたり心電図1つ取るのも大変なんですよ。看護師が慣れてなさすぎて、はぁ?心電図ですかぁ?遠くから持ってきてもらわないといけないから時間かかりますよぉ?とかエコーなんてどこにしまってあるのか分かりませんねぇ、とか。いやいや胸痛訴えとるんやからすぐ取ってあげてよ。時間かけてる場合じゃないで、オバはんナースよ。

 また仮に抗生剤(点滴)入れようとしても種類が少ないし、その割には見たことないのばっかりなんですよ。トブラシン:アミノグリコシド系とか、スルペラゾン:セフェム系にβラクタマーゼ阻害薬配合したのとか、パンスポリン:第二世代セフェムとか。あとはめっちゃ広域のしかないんで、もう笑っちゃいます。セフトリアキソンとかセフメタゾールとかもっと普通の採用してよ。スルペラゾンとかトブラシンってどんな時に使うの?パンスポリンは経口移行時はどうするの?誰か教えてください(岩田健太郎先生はスルペラゾンはほとんど使わないみたいです。トブラシンは緑膿菌に使えるみたいです)。

 

 先ほどはナースから電話がかかってきて点滴の刺入部が腫れてますのでとにかく来てください、ってことでしたので見に行きました。PICC留置されてましたので「あぁPICCか。」と呟きましたら「ぴっく??」とナースがきょとんとしています。PICCという単語も知らないし、もちろんその患者さんがいつどこでPICC留置したとかそういうことも把握していません。「先生これね、こうやって点滴繋いで栄養入れるやつなんですよぉ〜。」とご丁寧に説明してくれましたけど、本当にこいつらナースかと思いますね。

 

 今回もまた毒を吐きまくってしまいましたが、私の心の中にはそろそろ焦燥感というものが出現してきております。このままだと私もヤブ医者へ一直線です。お給料は貰えるからとはいえ、おっさんとは言え、この現状で満足するのにはさすがにまだ早すぎるでしょう。ちょっと私も善後策を練りたいと思います。

 



2021年05月08日11:55ストレス源
 ストレスがたまる当院の問題点。
1.タイムスケジュールがずぼらすぎる
2.いまだに院内ではポケベルの使用が主流
3.電子カルテが使いづらい
4.4年目5年目といった年次の近い先輩医師がいない

1.朝のミーティングが毎日始業後の8時50分に設定されている(本来は恐らく5分程度でさっさと済ませて9時からの外来に備える)のですが、まず時間通りに始まりません。時間通りに行ってもちょろっとしか人が集まっていないので、時間がもったいないとそれじゃもう2,3分後に来ようかとなります。その後ぽつぽつと人が集まり始めますが、みんな待つのは嫌なのでなるべく人が集まってから来るようになってますが、これが悪循環の始まりですね。人がいない→後で来る→そんな人ばかりなのでまだ集まってない→もっと後で来る…。院長も来る時間が気まぐれなので、ここはやはり時間を守るという姿勢を院長からしっかり見せて欲しいところです。ミーティング開始が遅れても特に進行が早まることもありません。はっきり言ってしょーもない話が続き、だらだらと長くなります。時には10時近くまで長引くときもありまして、もう外来の待合室は一体どうなっているのかと。私は新任者ですのであまり波風立てずおとなしくしときたいのですが、我慢ができずにあるとき「患者さんが待ってるので…」と抜けようとしましたら、な・なんと「待たせとけばいいですよ」との返答が!このしょーもないミーティングに居なさいと。はぁ?それはあかんでしょ~。基本的には患者さんファーストであるべきだと思いますし、日常的に約束の時間を守れないなら病院の信用問題にも関わってきます。結局朝のミーティングがその日のスケジュール崩壊の発端となります。外来診察開始も終了も遅れ、お昼休憩がなくなって時にはお昼ご飯も食べそびれ、精神的にも余裕がなくなっていきます。カンファなんかも長引いて予定時間をオーバーすることが多く、スケジュールなんてあってないようなものです。本来そんなに忙しい病院ではないはずですが、実際には朝のミーティング以降ずっと慌ただしく動かざるを得ません。俺はなんでいつもこんなに時間に追われ続けているんだろうと思いながら働いています。私は特に典型的なA型人間ですのできちんとスケジュール通り動きたい派なんですよね。
 
2.なんとこの令和の時代、ポケベルが現役です笑 私が大学生の時始めて持った通信機器でもPHSなので、ポケベルなんておっさんの私でも使ったことないですね~。なぜ病院のスタッフが普通はそれぞれピッチを持っているかというと、いつでもすぐに連絡を取る必要があるからですよね。しかしポケベルはそうは行きません。確かにいつ鳴らしてもいいのですが、ポケベルは固定電話からしかかけれないのでまずは固定電話のある最寄りの場所まで行かなくてはいけません。ポケベルで相手を呼び出すと相手がその固定電話まで折り返しかけてくれますが、私はすぐに話をしたいんですよ。1,2分その場で相手がかけ直してくれるのを待っていないといけないし、ストレスフルです。若い世代は(というか私も含めて大抵の人は)全員ピッチにして欲しいと思っているはずですが、当院はおじいちゃん世代のドクターが非常に多いんですね。70代はゴロゴロいますし、80代もいます笑。その方は滑舌も悪くなっていてカンファでももはや何を言っているのか分からんレベルですが。そんなおじいちゃん世代は新しい機器の導入に対して腰が重いようです。んで昭和世代なので医者が医療従事者のピラミッドの頂点に立っているかのような(医者の中でも年数が上の方が神様のような)ヒエラルキーがありまして、他業種の人が意見を言えるような雰囲気ではありません。3年目の私でさえコメディカルのスタッフからかなり気を遣われまくっています。あ~、初期研修医時代の、看護師さんとふざけ合ってたあの頃が既に懐かしいなあ。てかポケベルサービス自体早く廃止にならんかな、ならんわな~(T-T)。

3.そろそろ記事が長くなってきたのでさらっといきます。これは慣れるしかないんですが医局に先生方が座ってることあまりないんで、すぐ近くに教えてくれる人もいないんですよ。たまに先輩を捕まえて尋ねますけど先輩方もその場しのぎでやってるようで、先輩でも分からないこと多しです。病院内でこれを使いこなせているドクターはいないんでしょうね。どうしてものときはポケベルで事務員さんをわざわざ呼びつけてお願いしますが、それでも分からないこともありますからね。カルテの使い方が解決できないまま業務をおこなっていくこともストレスフルです。

4.この観点から言えば大学病院などスタッフが豊富な病院が良かったかもしれません。ただし当県は精神科の専攻医自体が、県全体でもそれぞれの年でほんの数人しかいません。まぁ科によっては県全体でその年はゼロということもありますからまだマシかもしれません。そりゃこんなペースでは医師不足は改善せんよなぁ。


 こんな感じです。今回は毒を吐くだけの記事になってしまいましたが、今後はもう少し建設的なものを用意して行けたらと思います。



2021年04月29日23:023年目始動
 3年目の医師となりました。
 このブログも医学生時代から続くだいぶ長いものになってきまして、今後どういう方向に持っていこうか考えているところです。そろそろ潮時かもしれませんがもう少しだらだらと続けていきますね。

 今春から精神科の専攻医として勤務しています。私の専門医プログラムは精神科メインの基幹病院を基本としながら大学病院も絡めて10個くらいの連携病院を3年間の間で行ったり来たりする感じなのですが、まだ基幹病院自体が専攻医の養成に試行錯誤の段階で、研修プログラムは行き当たりばったり感があります苦笑 3年間というスパンを俯瞰していつ頃までにどういうことができるようになって、いつ頃どういうイベントがあって、いつ頃どのくらいの期間関連病院に行くのかなど、大まかな流れや見通しが示されないままです。私はこのように期限が決まっている案件は大きな(長期的な)目標と小さな(短期的な)目標を設定して、後者を一つずつ乗り越えながら前者を達成する、という流れに持っていくことが肝要と考えています。ですので、できたばかりの制度なので仕方ないのかなという思いもありますけどそういう意味では不満もありますね。4月なんかたまたま精神科を回ってきてた初期研修医と一緒に動くよう言われて同じような研修(つーかただのポリクリレベル)だったので、つまんなかったです笑 俺はいったい何をしてるんだろうと笑 本気で時間の無駄と言えるものは色々とこっそりサボってみましたけど、なんと院長が私の行動を結構チェックしてるんで(院長、他に大事な仕事いっぱいあるでしょうが笑)、首輪を繋がれたワンコのようなものです。院長もまぁ久々に可愛い専攻医が病院に来てくれたとあって喜んでくれてるようなのでせっかくのおもてなしをあんまり無碍にもできず…。そりゃこんな生活は楽ですけど、こんなに楽をしてる3年目の医者は他にいないんじゃないかと思うくらい楽ですけどね、それでは成長がないので、自ら進んで勉強をしていく姿勢を作り上げなければと思っています。が、人間そんなに自分に厳しくできないですね。やはりある程度強制力がないと勉強にも身が入りませんよ苦笑 精神科の専門書を読もうと思って何冊かアマゾンで買いましたけど手つかずのままです(^^;) ただ言い訳になりますけど、勉強に打ち込めるほどの気持ちの余裕も実はあんまりなくてですね…、日本一楽してる3年目の医者のくせに何言うてんねんと言われそうですけど、精神科医の仕事の本質とは離れますがうちの病院のシステムが私にとって非常に適応が難しいものであるためストレスは日々それなりにたまってるんですよ(-_-;) 

 それを色々はき出したいところですがちょっと話が長くなってきたのでまた次回、うちの病院のシステム(もしかしたら他の精神科の病院も同様かもしれませんが)の問題点を暴いていきます。