2016年10月29日22:06医大生の懐事情
 一般的に、医学生といえばお金持ちの子どもという印象があるでしょうか。私の大学では3人に1人以上は医者の子どもなので、確かにその学生たちはお金持ちの子どもたちだと思います。また子どもを医学部に入れるためには中学生頃から塾に通わせたり、浪人してからは予備校に通わせたりしないといけない場合もあるので、そういうことのできる家庭も比較的裕福な家庭が多いでしょう。
 実際、18歳で免許取り立てでいきなり高級外車を新車でポンと買ってもらってる学生もいます。ただ、私の大学ではそういう学生はごく一部で、庶民の金銭感覚をもった学生が多いですね。ただ部活関係である私立大学の医学部の学生と話したことがあるのですが、私立大学の学生は事情がだいぶ違うようで、学生が集まるときに外車がずらりと並ぶシーンもよく見られるそうです(◎_◎;)。確かに学費だけで6年間で4000万円近くかかって、留年があればさらに年間数百万円かかり、その上生活費もかかるとなるとそれだけを捻出できる家庭は限られてきますね。
 
 しかし最近明らかに金使いの荒い学生群が出現しています。それは地域枠で入った学生です。地域枠の学生は地元の県出身者しかなれないのですが、そもそも地元志向が強い学生も多くて、そういう学生は別に地域枠じゃなくてもその県に残るわけです。地域枠の学生は実家暮らしの学生が多いのですが、月々15万円だかという地域枠の奨学金を丸々お小遣いとして使えることになります。中には実家から通えるのに一人暮らしを経験したいためにわざわざアパートを借りてる学生もいます。また地域枠の学生が借りた奨学金をそのまま貯めておいて、卒業時に一括返済して、県に残る義務を逃れる人もいるという問題がありまして、そのためか、大学側は、「奨学金は教科書やiPadなんかにどんどん使ってください」という指導をしているそうです。そういう指導を受けた学生も、そうかそうかと言わんばかりに色んなものを買いあさるわけです。普通の大学生の仕送り額はアパート代とか含めて10万もいかないでしょうから、月15万自由に使えるというのはかなりの額となります。いやー、その学生の自由なので何とも言えませんが、私から見ればそんなものにそんなにお金かけなくてもというようなところにじゃぶじゃぶ使っていて、地域枠の学生にそんな大きな額の奨学金が必要なのかなと疑問に思います。入試でも多少入りやすい部分もあるし、お金も毎月いっぱいもらえるし、該当者はウハウハだと思いますヾ(≧▽≦)ノ。
 こういう時代は長くは続かないでしょうから、20年後とかに今を振り返ったときに、「今では信じられないけど昔はそんな時代があったんだよー。」という話のネタになりそうですね。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村




コメントする

名前
 
  絵文字