試験期間にいたときは夢にまでみた春休みですが、暇人してます笑  来年度からはクリクラが始まって夏休みとか春休みがあんまりないので、学生生活において最後の長期休暇だというのに。昼まででも好きなだけ寝てていいという状況なのですが、そういう状況だと逆に朝早く目が覚めてしまいます。人間って不思議ですね。…ということで今の私のもっぱらなお仕事は初期研修病院の探索活動です。北海道から沖縄までどこの病院で研修してもいい、しかもどの病院も初期研修したいといえば大歓迎してくれるので、選択肢がありすぎて選べません。2年後の自分はどの病院を選んでいるのか非常に楽しみなところではあります。

  ただ、説明会を聞きにいっても、見学に行っても、まぁ大概は良いところしか言われないので実際のところは働いてみないと分かりません。しかし働き始めた後気づいてももう時遅しです。うーん、これは運ゲーの要素がありそうです。私は同期の研修医はもちろん上級医やコメディカルの人たちと仲良く楽しく仕事ができればそれで十分です。あ、それプラス最近の言葉でQOMLっていうんですか、ある程度自分の時間が取れれば最高ですね。最新の設備が整っているとか、有名な先生がいるとか、おっさんの私にとってはあまり心を惹かれる要素ではありません。

  暇だったので高校時代の友達で、現役で医学部に入ってすでに医者になっている友達に会ってきました。今でも専門医関係で試験に追われているそうですが、高校時代は抜群に賢かったそいつでも最近は記憶力も落ちてきて勉強するのも大変だと言ってました。高校時代は抜群に賢かったので地元を離れて難関な医学部に進学していきましたが、その大学の医局に入っている関係でその大学の関連病院を数年に一度転々としているようで、地元に戻ってこれないと嘆いていました。高校時代は少しでも偏差値の高い医学部へなんとなく行きたくなって、その夢は叶えたが、今となって思えばどの大学の医学部を出ても医師免許は同じものだから今ならどんなに学力が高くても地元の大学か自治医科大学を受けるといってました。自治医科大学卒業後は僻地勤務が義務とはいっても地元の県内で働けるわけですからね。

  なるほど、今の私なら私も同感です。 


にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村