2021年05月08日11:55ストレス源
 ストレスがたまる当院の問題点。
1.タイムスケジュールがずぼらすぎる
2.いまだに院内ではポケベルの使用が主流
3.電子カルテが使いづらい
4.4年目5年目といった年次の近い先輩医師がいない

1.朝のミーティングが毎日始業後の8時50分に設定されている(本来は恐らく5分程度でさっさと済ませて9時からの外来に備える)のですが、まず時間通りに始まりません。時間通りに行ってもちょろっとしか人が集まっていないので、時間がもったいないとそれじゃもう2,3分後に来ようかとなります。その後ぽつぽつと人が集まり始めますが、みんな待つのは嫌なのでなるべく人が集まってから来るようになってますが、これが悪循環の始まりですね。人がいない→後で来る→そんな人ばかりなのでまだ集まってない→もっと後で来る…。院長も来る時間が気まぐれなので、ここはやはり時間を守るという姿勢を院長からしっかり見せて欲しいところです。ミーティング開始が遅れても特に進行が早まることもありません。はっきり言ってしょーもない話が続き、だらだらと長くなります。時には10時近くまで長引くときもありまして、もう外来の待合室は一体どうなっているのかと。私は新任者ですのであまり波風立てずおとなしくしときたいのですが、我慢ができずにあるとき「患者さんが待ってるので…」と抜けようとしましたら、な・なんと「待たせとけばいいですよ」との返答が!このしょーもないミーティングに居なさいと。はぁ?それはあかんでしょ~。基本的には患者さんファーストであるべきだと思いますし、日常的に約束の時間を守れないなら病院の信用問題にも関わってきます。結局朝のミーティングがその日のスケジュール崩壊の発端となります。外来診察開始も終了も遅れ、お昼休憩がなくなって時にはお昼ご飯も食べそびれ、精神的にも余裕がなくなっていきます。カンファなんかも長引いて予定時間をオーバーすることが多く、スケジュールなんてあってないようなものです。本来そんなに忙しい病院ではないはずですが、実際には朝のミーティング以降ずっと慌ただしく動かざるを得ません。俺はなんでいつもこんなに時間に追われ続けているんだろうと思いながら働いています。私は特に典型的なA型人間ですのできちんとスケジュール通り動きたい派なんですよね。
 
2.なんとこの令和の時代、ポケベルが現役です笑 私が大学生の時始めて持った通信機器でもPHSなので、ポケベルなんておっさんの私でも使ったことないですね~。なぜ病院のスタッフが普通はそれぞれピッチを持っているかというと、いつでもすぐに連絡を取る必要があるからですよね。しかしポケベルはそうは行きません。確かにいつ鳴らしてもいいのですが、ポケベルは固定電話からしかかけれないのでまずは固定電話のある最寄りの場所まで行かなくてはいけません。ポケベルで相手を呼び出すと相手がその固定電話まで折り返しかけてくれますが、私はすぐに話をしたいんですよ。1,2分その場で相手がかけ直してくれるのを待っていないといけないし、ストレスフルです。若い世代は(というか私も含めて大抵の人は)全員ピッチにして欲しいと思っているはずですが、当院はおじいちゃん世代のドクターが非常に多いんですね。70代はゴロゴロいますし、80代もいます笑。その方は滑舌も悪くなっていてカンファでももはや何を言っているのか分からんレベルですが。そんなおじいちゃん世代は新しい機器の導入に対して腰が重いようです。んで昭和世代なので医者が医療従事者のピラミッドの頂点に立っているかのような(医者の中でも年数が上の方が神様のような)ヒエラルキーがありまして、他業種の人が意見を言えるような雰囲気ではありません。3年目の私でさえコメディカルのスタッフからかなり気を遣われまくっています。あ~、初期研修医時代の、看護師さんとふざけ合ってたあの頃が既に懐かしいなあ。てかポケベルサービス自体早く廃止にならんかな、ならんわな~(T-T)。

3.そろそろ記事が長くなってきたのでさらっといきます。これは慣れるしかないんですが医局に先生方が座ってることあまりないんで、すぐ近くに教えてくれる人もいないんですよ。たまに先輩を捕まえて尋ねますけど先輩方もその場しのぎでやってるようで、先輩でも分からないこと多しです。病院内でこれを使いこなせているドクターはいないんでしょうね。どうしてものときはポケベルで事務員さんをわざわざ呼びつけてお願いしますが、それでも分からないこともありますからね。カルテの使い方が解決できないまま業務をおこなっていくこともストレスフルです。

4.この観点から言えば大学病院などスタッフが豊富な病院が良かったかもしれません。ただし当県は精神科の専攻医自体が、県全体でもそれぞれの年でほんの数人しかいません。まぁ科によっては県全体でその年はゼロということもありますからまだマシかもしれません。そりゃこんなペースでは医師不足は改善せんよなぁ。


 こんな感じです。今回は毒を吐くだけの記事になってしまいましたが、今後はもう少し建設的なものを用意して行けたらと思います。



2021年04月29日23:023年目始動
 3年目の医師となりました。
 このブログも医学生時代から続くだいぶ長いものになってきまして、今後どういう方向に持っていこうか考えているところです。そろそろ潮時かもしれませんがもう少しだらだらと続けていきますね。

 今春から精神科の専攻医として勤務しています。私の専門医プログラムは精神科メインの基幹病院を基本としながら大学病院も絡めて10個くらいの連携病院を3年間の間で行ったり来たりする感じなのですが、まだ基幹病院自体が専攻医の養成に試行錯誤の段階で、研修プログラムは行き当たりばったり感があります苦笑 3年間というスパンを俯瞰していつ頃までにどういうことができるようになって、いつ頃どういうイベントがあって、いつ頃どのくらいの期間関連病院に行くのかなど、大まかな流れや見通しが示されないままです。私はこのように期限が決まっている案件は大きな(長期的な)目標と小さな(短期的な)目標を設定して、後者を一つずつ乗り越えながら前者を達成する、という流れに持っていくことが肝要と考えています。ですので、できたばかりの制度なので仕方ないのかなという思いもありますけどそういう意味では不満もありますね。4月なんかたまたま精神科を回ってきてた初期研修医と一緒に動くよう言われて同じような研修(つーかただのポリクリレベル)だったので、つまんなかったです笑 俺はいったい何をしてるんだろうと笑 本気で時間の無駄と言えるものは色々とこっそりサボってみましたけど、なんと院長が私の行動を結構チェックしてるんで(院長、他に大事な仕事いっぱいあるでしょうが笑)、首輪を繋がれたワンコのようなものです。院長もまぁ久々に可愛い専攻医が病院に来てくれたとあって喜んでくれてるようなのでせっかくのおもてなしをあんまり無碍にもできず…。そりゃこんな生活は楽ですけど、こんなに楽をしてる3年目の医者は他にいないんじゃないかと思うくらい楽ですけどね、それでは成長がないので、自ら進んで勉強をしていく姿勢を作り上げなければと思っています。が、人間そんなに自分に厳しくできないですね。やはりある程度強制力がないと勉強にも身が入りませんよ苦笑 精神科の専門書を読もうと思って何冊かアマゾンで買いましたけど手つかずのままです(^^;) ただ言い訳になりますけど、勉強に打ち込めるほどの気持ちの余裕も実はあんまりなくてですね…、日本一楽してる3年目の医者のくせに何言うてんねんと言われそうですけど、精神科医の仕事の本質とは離れますがうちの病院のシステムが私にとって非常に適応が難しいものであるためストレスは日々それなりにたまってるんですよ(-_-;) 

 それを色々はき出したいところですがちょっと話が長くなってきたのでまた次回、うちの病院のシステム(もしかしたら他の精神科の病院も同様かもしれませんが)の問題点を暴いていきます。



2021年03月16日17:28初期研修修了
 あっという間に2年間の初期研修も終わってしまいました。当初、2年目の2,3月は有り余った有休を使って休み取りまくってやろう~!なんて思ってましたが、研修医の身分がだんだん名残惜しくなってきましてね、最後の最後まで居座ることにしました笑 なんなら引っ越しが完了した後も再び戻ってきてホテル暮らししてまで研修をし続けるという熱の入れようです笑 病院の方も最後はホントに好きなようにやらせてくれまして、今は一応外科を回っているんですがオペはとりあえず挿管だけさせてもらって(看護師さん達にヤリ逃げと言われています笑)、産婦人科や泌尿器科など他科のオペに顔を出してみたり、病棟でCV入れるなどという耳より情報を聞いたら速やかに駆けつけてやらせてもらったり、小さい病院ならではの自由さだと思いますが、かなり気楽な終末期を過ごしています。自分の担当患者はもう誰もいません。私は家から病院まですぐ近くなので患者の様子を週末ほぼ欠かさず見に来ていたのですが、そのルーチーンもなくなりました。

 ヒステリックな指導医からパワハラな言動があったこともあるのですべてがいい思い出だったとは言いませんが2年間自分なりにはもがいて頑張ってきたのでもう心残りはありません。4月からは精神科の専門医プログラムに乗って専門医と指定医取得に向けて頑張っていこうと思います。あとは婚活かぁ。もう女子の尻を追っかけるのもだいぶしんどくなってきましたが、若いぴちぴちギャルの嫁さんをもらう夢ももう少し見続けていこうと思います笑
 

2021年02月03日21:34久々に
 もうはるか昔、医学部再受験のときにお世話になった「国立医学部受験情報」という医学部再受験の情報が詰まったサイトを久々に開いてみましたら、原型は変わってませんがだいぶボリューミーになってますね。「医学部の格」とかコラム要素もあって少し読みふけってしまいましたが笑、感想としては情報がちょっと偏っている気がしました。「徳島大医学部の躍進」というページもありましたが、あれは嘘ですね。病床数そんなに多くないし、関連病院もまったく違う大学のが混ざっています。

 さて今年は医学部受験生は増えるんでしょうか。医学部バブルが崩壊して5年ほどたつので当時よりはだいぶ入りやすいと思いますが、今回はコロナの影響も小さくなさそうですね。コロナのせいで医療界に興味を持ち医学部進学を希望する人が増えたり、コロナのせいで日本経済が低迷してきたため資格系学部志向が強まった人が増えたかもしれませんね。さあて明日あたり各大学の倍率がほぼ確定ですね。自分の母校の倍率が高ければ高いほどなぜか嬉しくなります。
 ちなみにですが私は地域枠というものに反対派です。地域枠を廃絶してほしい、年齢や出身地関係なく一般入試一発で勝負させてほしいと思っていますし、何なら推薦入試も不要だと思っています。

 医師に限らず薬剤師にしても看護師にしても今は人手不足ということもあり、そこら辺の中小企業に就職するよりは給料はいいみたいですね。「給料は人ができない仕事か人がやりたくない仕事ほど高くなる」と聞いたことがあります。前者はやはり資格系でしょうか。病気の人に薬処方したいと思っても、医師の資格持ってないとできないですもんね。後者は典型的には風俗嬢なんかを指してるんでしょうか。そりゃ好きでもないおっさんの相手なんかしたくないですよね。給料は高そうなので日給10万くらい貰ってるんでしょうかね。そうだとすると月にするとそこら辺の総合病院の部長の医師より高い、すごい額になりますが…。


 


2021年02月02日21:42当直体制
 コロナのせいで救急外来を受診する患者が減ったからだと思いますが当院では当直体制が変わりました。今までは内科直+外科直+研修医という体制だったのが、日によっては内科直or外科直+研修医2人ということになりました。しかしこれ、外科直+研修医2名の場合は病院内に内科の上級医が誰もいないということです。外科の先生がいなくても困るのですが内科系の患者の方が圧倒的に多いので内科の先生がいない方が困りますね。救急車で重症の内科疾患で来た場合はどうするのか。仮にAMIが来ようが解離が来ようが研修医+外科医で対処しろということですね汗 当院は2次救急なので一刻を争う重症患者は来ないはずですが、それでも冷や冷やしながら当直してます。そのうち修羅場になる瞬間が来る気がしますね。

 さらに病棟の入院患者の急変時の対応も内科直の仕事なのですがその日は内科直がいないので、困った看護師さんたちが私たち研修医のピッチにかけてこられて私たちも困っております笑 そりゃ急変があったらまずは駆け付けますよ。駆け付けますけど、急変なんだからそりゃ内科の先生もいてくれないと、研修医だけでは救えないかもしれませんよ。
 先日も当直時間帯に病棟からピッチが鳴りまして、なんか胸がえらくて心電図もおかしいと。嫌な予感がしましたがとりあえず駆け付けました。心電図は機械の判定ではcAVBでしたが私の見立てではSSS。普段なら治療方針を循環器内科専門医に相談するところなんですが、相談相手がいません。しかも私は夜中の3時に起こされて頭がボケーっとしてました笑 そりゃ徐脈に対してカテコラミン入れようかとか、アトロピンにしとこうかとか、提案することも処方することもできましたけど、主治医でもないのに初見でそんなん出したことないですよ。とりあえず待機の内科医に申し訳なさを感じながらも夜中の3時に電話をし、今回は頻脈の副作用を期待してというシロスタゾール投与の指示をもらいました。そんなん知らんがな(-_-;)

 しかし一刻を争う事態だったらどうしたかなぁ?
 何もしないよりはこの薬と思ったのを投与してもいいのかなぁ?


2021年01月17日09:47教員免許更新②
 意地でも教員免許を更新してやろうという気概は続きます。
 教員免許更新についてネットで色々調べましたところ、至る所でいっぱい講習会やってますね。別にどこで受けてもいいようなので、次に消費者観点で見る点は費用と難易度(より簡単に取れるところ)になっちゃいますよね~。こんなものにガチでスパルタ教育されてもねぇ。まず気になる費用は、ほぼどこも一律でした。1つの講義が6時間で6000円。その講義が5つあるので30時間30000円です。その他申請の手数料や振込手数料などかかりまして、総額35000円くらいですかね。私が申し込んだ大学はテキスト代はかかりませんでした。さて難易度の方ですが、ネットでたまに教員免許更新の記事をアップしてる人もいますが、ぶっちゃけよく分かりませんでした。教員やってる友人がいるので聞いてみたら放送大学が楽勝だったよーということでしたが、残念ながら申込期間外でした。ただ不便な世の中の根源となっているコロナ禍がここではプラスに働きまして、私が申し込んだ近隣の大学では密をさけるため講義はもちろんオンラインなのですが、なんと講義後のテストもオンラインでした笑(通常時は大学の講義室で対面授業、テストも講義室で一斉です) 大学の担当者曰く初の試みだそうで、そんなんカンニングしまくりでは?と思いましたが、しかしもともとテストはテキスト持ち込み可だったそうです笑 医学部時代の地獄のテスト期間を乗り切った私にはふざけてんのかとしか思えませんでした。医学部6年間で100回はテスト受けただろうなぁ。1回1回がおっさんの心臓には悪くて寿命だいぶ縮んだだろうなぁ(しみじみ…)。
 35000円と労力を捻出してでも教員免許を更新するのかという命題に対しては、おそらく大半の人は否定的と思われます。別に教員免許が失効しても最初から免許取り直しということではなく、必要あればそのときに講習を受ければ復活するので、実務上は特に問題ないのです。

 冒頭お伝えしましたが私の場合はもはや意地です笑 といっても今回は本当に楽勝すぎました。オンラインの講義なんか監視されてる訳でもなく、6時間もずーっと聞くわけないじゃないですか…。テストの問題も大人をばかにしてんのかといった陳腐な出題でしたよ…。「講義を聞いて印象的だったことを述べよ」的な笑。持ち込んだテキストもほぼ使いませんでしたね。講義の内容も薄っぺらく、これは教員免許更新制自体が何の意味もなくはっきり言って不要であるというレベルでしたね。